マヌカハニー 喉

マヌカハニー喉の痛みへの効果

 

 

 

喉の痛みに効果を発揮するのがマヌカハニーです。マヌカハニーはニュージーランドだけに自生するマヌカの木の花から採取されるはちみつです。マヌカハニーには普通のはちみつ以上の力があります。いったい何が違うのでしょうか。

 

マヌカハニーの特徴は殺菌力です。普通のはちみつの何倍もの殺菌力があり、大腸菌に高い殺菌作用を発揮したという報告があります。抗生物質を投与できなかった患者にマヌカハニーを与えたら治癒できたという例もあります。

 

普通のはちみつにも殺菌作用があり喉の痛みによいといわれていますが、マヌカハニーにはもっと高い力があります。殺菌作用とはちみつの保湿作用が喉の痛みを和らげてくれます。

 

マヌカハニーにはUMFやMGOという記載があります。これは何なのでしょうか。

 

UMFはマヌカハニーに含まれる特殊な抗菌作用を示した値です。5+,10+,20+などと表記され、値が大きいほど殺菌作用が高いです。抗菌性があるフェノール溶液との比較で、5+なら5%濃度のフェノール溶液と同じ抗菌作用があるということです。UMF10+以上のものはあまり出回っていません。

 

MGOは抗菌作用をもたらすメチルグリオキサールの量を表したものです。1kgあたりにどれくらい入っているかを表していて、MGO400なら1kgに400mgのメチルグリオキサールが入っていることを表しています。

 

UMF10はMGO100、UMG20はMGO400になります。

 

こまめに摂取することで喉の痛み緩和が期待できます。スプーン1杯分を1日3~4回なめます。空腹時の方が殺菌成分が働きやすいと考えられます。一度に大量に摂取するよりも、こまめに摂取することがポイントです。

 

ヨーグルトに混ぜて食べてもよいです。免疫の要は腸です。ヨーグルトには成長作用があり、腸内環境を整えて免疫の働きを改善することが期待できます。

 

マヌカハニーをスプーンですくうときには、金属製ではなくできれば木製やプラスチックを使用していください。金属は活性を弱めてしまう可能性があります。

 

 

 

 

 

マヌカハニー通販はここから